外国人には何がおすすめ?

こんにちは、東京てみやげコンシェルジュです。
今回は、外国人向け手土産としておすすめできるお店を紹介します。
外国人には何を渡せば喜んでもらえるか悩みますよね!?

イメージとしての手土産をもらう外国人

目次

福砂屋

カステラは、ケーキに似ているので万人受けしやすく手堅い「和菓子」といえるでしょう。
カステラは洋菓子ではなく、れっきとした和菓子です。
そのような理由で、ある企業では海外VIP接待の手土産に、「桐箱入り」の高級カステラを愛用しているとか。

数あるカステラの中でも一押しは長崎県 福砂屋のフクサヤキューブです。

味はもちろん太鼓判!カワイイ!なんと、フォークも内蔵されていて手も汚れない食べきりサイズ!!!

手渡すときには、

・カステラは室町時代末期にポルトガルから伝来された
・スペインのカスティーリャ王国で生まれたお菓子で、ポルトガル語で「カステラ」と発音する

といった話も織り交ぜられると、特にヨーロッパの方は、親近感を持ってくれるかもしれませんね♪

フクサヤキューブ 1個270円(本体価格250円)

■福砂屋
大丸東京店
住所: 東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店 1F(JR東京駅 八重洲北口すぐ)
電話: 03-3212-8011
URL:http://www.fukusaya.co.jp/

※三越日本橋本店、高島屋日本橋店、銀座三越店もあります。

祇園辻利

京都祇園にある宇治茶の超人気店。
いまや日本の抹茶は世界のMATCHAなのです!!
併設している茶寮都路里は行列ができていても、祇園辻利はあまり待たずに購入できるでしょう。
おすすめは各種お茶、つじりの里・ぎおんの里、飴です。

大丸東京店
住所: 東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店 10F(JR東京駅 八重洲北口すぐ)
電話: 03-3214-3322
URL:http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/store/tokyo_daimaru/

 

とらや

室町時代後期に京都で創業した、現存する最古の和菓子屋。皇室御用達。
東京遷都の際には、京都に店を残し東京に進出した。皇室との結びつきの強さが感じられます。
とらやといえば羊羹ですが、TORAYA CAFEのあんペーストはいかがでしょう。
アイスクリームやパン、クラッカーとともにあんペーストを食べながら年中行事について話をすればもう立派な国際交流です。

「甘い豆」を食べる習慣がない国もあるので、あんこを送る際は注意しましょう。

■TORAYA TOKYO
住所: 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル2F(JR東京駅 八重洲北口すぐ)
電話: 03-5220-2345
URL:http://www.tokyostationhotel.jp/restaurants/toraya/

※大丸東京店では、あんペーストはじめTORAYA CAFE製品の取り扱いはありません。

茅乃舎

世界的な健康志向の高まり、和食への関心を受けて、茅乃舎の出汁もおすすめです。

「これお土産でもらったことあります。」
「これお土産でもらうと嬉しいです。」
という声をいただく半面、

「茅乃舎のお出汁は日本人以外でも健康志向のニューヨーカーに大人気のお土産です」

というお声もいただいています‼
和食、PBWH(Plant Base Whole Food)、採食主義への関心も高まっているので、外国人向けにお出汁の需要が広がるかもしれませんね。

関連記事:茅乃舎出汁についてこちらでも紹介しています

キットカットショコラトリーのチョコレート、豆源の豆菓子など、
今後も外国人向けの手土産の紹介を続けていきますね。

■追記
2018年3月25日:海外在住日本人向けにお勧めしていた茅乃舎の出汁ですが、外国人向けにもおすすめということで修正しました。