驚きの見た目・大きさ・お値段 葉山ビーカープリンのマーロウ

こんにちは、東京手みやげコンシェルジュcoco(@coco_rg51)です。関東は梅雨も明けて夏真っ盛り。夏といえば海!海といえば湘南!!葉山御用邸があることで名高い、神奈川県三浦半島にある葉山町発の名物プリンをご紹介します。見た目、大きさ、そしてお値段、全てに驚くこと間違いなしです‼

目次

見た目・大きさ・お値段に仰天するビーカー入りハードプリン

今回ご紹介するのは、葉山ビーカープリンのマーロウです。

お店の目印であるフィリップマーロウのイラスト

フィリップ・マーロウのイラストが目印

今やマーロウの代名詞となったビーカー入り手作り焼きプリンも、
元々はレストランマーロウ秋谷本店のデザートとしてお出ししていましたが、
お客様からたくさんのご要望をいただいたことで
テイクアウトとして販売を始めさせていただきました。

オリジナルの耐熱ビーカーに、ひとつひとつ手作りで心を込めて作るプリンは、
北海道根釧地区の牛乳と動物性飼料を一切排除して育てられた食菜卵を使用しており、
味わうほどにしっかりとした牛乳・卵の風味を堪能できます。

 

マーロウの一番人気フレッシュクリームプリン

マーロウの一番人気フレッシュクリームプリン(750円税別)

マーロウのプリンは特徴だらけ。

まずは見た目と大きさ。レイモンド・チャンドラーの小説に登場するフィリップ・マーロウの絵が描かれたビーカーの中にプリンが入っています。ビーカーですので、きちんと目盛りも記載されていますよ~。その高さは10cmもあります。

何と言ってもビックリするのがそのお値段。なんと650円~750円するプリンがショーケースにズラーっと並んでいます。普通プリンといったら200~300円、高くても500円といったところじゃないでしょうか。にもかかわらず、行列に並んだお客さんたちが平然とその高級プリンを買っていくことに、はじめは誰もが驚くことでしょう。(私もはじめては、おそるおそる1点だけプリンを買って帰りました。)

マーロウのショーケース

バラエティ豊かでビックリするお値段のプリンがずらり

さてさて、肝心のお味ですがお値段に負けていません。濃厚&濃密、固さは固め、量は多い、と食べごたえ満点です。食べ終わると本当にお腹いっぱいです。パステルのなめらかプリンはその名の通り舌ざわり滑らかなのに対し、マーロウのプリンは少し固め。好みがわかれるところかもしれません。

手順書に従い、ビーカーを逆さにしてさくっとプリンが逆さまになる様もなんだかうれしい。10cmの深~いビーカーに付属の長いスプーンを使って食べるのもこれまたたのしいです。

ビーカーから取り出したマーロウのフレッシュクリームプリン

ビーカーから取り出したマーロウのフレッシュクリームプリン

葉山では存在感抜群の名物店

マーロウ発祥の地 葉山には、レストラン・カフェ形態のショップが3店舗もあります。葉山は小さな町なので至るところでマーロウの看板や商品を目にします。「マーロウ=プリン」と勝手に思い込んでいたのですが、7月初に葉山旅行に行った折、マーロウは元々洋食店だったことに気付きました。

1984年創業のマーロウ秋谷本店は、
地元佐島の大楠漁港で獲れる新鮮なお魚や、三浦の採れたて新鮮野菜を
使ったお料理を提供するレストランとしてオープンしました。

 

マーロウ本店では、夕日を眺めながら食事をいただくこともできるようです。今回立ち寄った逗子逗子駅前店にも、プリンだけでなく洋食のテイクアウト品やコーヒーなどが所狭しとディスプレイされていました。プリンは生ものなので日持ちしませんが、ビスコッティは箱入りにも関わらず800円。日持ちする手みやげとして重宝しました~。

マーロウのビスコッティ

マーロウのビスコッティ

逗子駅前店は逗子海岸の海水浴帰りにもアクセス抜群です。

マーロウ逗子駅前店

祝☆銀座SIX出店 横浜そごう店まで行く必要がなくなりました

これまで横浜に行く度に横浜そごうの営業時間をチェックしてマーロウに立ち寄っていました。めでたく銀座シックスに出店、東京進出となりました♪是非みなさんも東京駅帰りに銀座へ足を延ばして、ビーカー入り極上プリンを手に入れてください。

ビーカー返却でキャッシュバック

忘れちゃいけないのが、ビーカー返却によるキャッシュバックです。お値段650円~750円の高級プリンですが、ビーカーを返却すると200円キャッシュバックしてくれます。ビーカー代を差し引けば、妥当な値段なのかもしれませんね。

東京手みやげコンシェルジュまとめ

いかがだったでしょうか。私個人としては、葉山旅行によって「マーロウはプリン屋ではなく洋食屋だった」と気づいたのが大きな収穫でした(笑)

プリンの一番人気は「フレッシュクリームプリン」ですが、チョコレート・抹茶・かぼちゃ・ジュレ入り…とプリンのバリエーションも実に多彩で、どれを選んでいいか迷うこと間違いなし。お気に入りを見つけてくださいね♪