セブ島スーパーMetroでのフィリピン手みやげ購入ログ

こんにちは、東京手みやげコンシェルジュcoco (@coco_rg51)です。

2018年11月、セブ島でバカンスを過ごしてきました。
前回のハロハロレポートに続き、
スーパMetroメトロでゲットした手みやげを一挙公開しちゃいます♪

目次

①ドライマンゴー

フィリピンみやげの定番ドライマンゴーは7Dをチョイス。
いろんなメーカーから出ているので、食べ比べるのもたのしいですね。
日本ではあまり見かけない、チョコレートがかかったものをゲットしました。

スーパーで購入すると80g~200gで100ペソ~200ペソ(250円~500円)です。
ところが、空港ですと$17とかで販売しているので、
時間をつくって必ずスーパーで購入しましょうね♪

7Dドライマンゴー

②OWL TREE バナナチップ

横ではなく縦にカットされており、
日本で食べたことがあるものよりカリカリでスナック感覚でした。
1個60ペソ(150円くらい)。

バナナチップというより、芋けんぴに近かったです。
ワインのお供にもう少し購入しておけばよかったと後悔。

OWL TREEのバナナチップス

③OTAP(オタップ)

同僚たちへのバラマキ用に購入しました。
セブ島ガイドブックには必ず載っていた、フィリピンではおなじみのお菓子のようです。

パイみたいな感じ、源氏パイとはまた違うおいしさです。

フィリピンではお馴染みのお菓子OTAP

フィリピン菓子OTAP

④チョコレートドリンク タブレア

カカオを固めただけモノで、お湯に溶かしてたのしみます。
チョコレート好きなので気になって購入してみました。

見た目も香りもチョコレートそのものなのですが、甘みが全然ない。。。口寂しいときに飲んでます。

タブレアの作り方

⑤その他 現地お菓子

セブ島スーパーMetroでゲットした地元お菓子

スーパーMetro活用方法

今回訪れたのはセブ島・マクタン島にあるホテルJ Park Island Resort & Waterpark前、
ショッピングモールShang内にあるあるスーパーMetro。
ここ以外にもセブ島各所にスーパーMetroはあるようです。

毎日J Parkで朝食バイキング(大人1人950ペソ=2500円くらい)を取っていては、
お金も出ていくし、過食になります。

私は毎朝日本からもってきたプロテインを飲み、
家族はここで朝食を調達しました。
水、ジュース、パン、フルーツ、ヨーグルト、カップヌードルなど。
これだけでもかなり節約できますよ~。

また、ショッピングモールShang内に花魁、夜桜、
J Park内に呑ん気という日本食レストランが合計3店もあり、
こどもたちの食事にも困りませんでした。
(というか、こどもの希望で3度も日本食レストランに行ってしまいました…)

The Civet Coffeeというコピ・ルアクを扱っているコーヒーショップも
賑わっていました。

東京手みやげコンシェルジュまとめ

いかがだったでしょうか。
人気のパパイヤ石鹸やココナッツオイルもありました。
今回すべて購入したもの合わせても2,000円程度。
現地スーパーを活用しない手はありません。

お味の感想も随時アップデートしていきます♪

■セブ島関連記事はこちら↓