セブ島・マクタン島でハロハロを食べた話

こんにちは、東京手みやげコンシェルジュcoco (@coco_rg51)です。
11月に家族で4泊5日のセブ島旅行に行ってきました。

数回にわたって現地レポートをお届けします。第1回は念願のハロハロを食べてきました♪

目次

ハロハロとは

みなさん、ハロハロって知ってますか?

ハロハロ (Haluhalo, Halo-halo)とはフィリピンのデザート。他国のパフェやサンデーに相当する。

ハロ(halo)とはタガログ語で混ざることという意味で、ハロハロと続けると混ぜこぜという意味に転じる。その名の通りかき氷とミルクをベースとして、各種の果物、甘く煮た豆や芋類、アイスクリーム、ゼリー、ナタデココ、タピオカ、ココナツ、プリン、米やトウモロコシの加工品など、多種多様な材料が用いられる。

そうなんです、ハロハロとはフィリピンのスイーツなんです。
ミニストップのパフェを思い浮かべた方はいませんか?

ミニストップのハロハロ

ミニストップのハロハロ 出所:ミニストップ

私がハロハロを知ったのは大学生のとき。
大学生から一人暮らしをはじめ、名古屋に住んでいました。
部活の先輩から「え?ハロハロ知らないの?練習のあと食べに行こう♪」
と、大学生になってはじめてミニストップ、そしてハロハロを知ったのでした。

そこから十数年⁉(汗)
今回はじめてフィリピンに行き、
ハロハロがミニストップオリジナルのデザートではなく
フィリピンスイーツだったと知ったわけです。
食べずには帰れない‼

セブ島は、市街地のセブシティとリゾート地のマクタン島に分けられます。
英語習得で短期留学するのはシティ、今回私が滞在したのはマクタン島です。
ハロハロのおいしい店はセブシティに集中しています。

私はショッピングや観光(主にセブ島歴史に関するもの)にも興味あるのですが、
家族(夫・未就学児2人)は興味なし。
というわけで、セブシティに行く道も閉ざされました。
でも、ハロハロ食べたい!

J ParkのThe Snowでハロハロを食べる

「マクタン島 ハロハロ」で調べてみると、
私の滞在しているホテルJ Park island resort & waterparkでも食べられることがわかりました。
J ParkのカフェThe Snowでハロハロを食べることに。

これがメニュー。
ハングルが書いてあるのは、こちらのホテルのお客さんがほとんど韓国人だから。
Green Tea Snowをオーダー。

実は、このお店の前、何度も通っていたのですが
これがハロハロだとは思いもしませんでした。
店員さんに「Do you have Halo-Halo?」と聞いたら指さされたのがこれでした。

で、出てきたのがこちら。

このお店は自分でトッピングしてたのしむタイプのお店みたい。
じゃんじゃんとトッピングを重ね、完成!

 

The Snowというだけあってフワフワの練乳氷でした。
まるでパルメザンチーズみたい。
黒いのは小豆かと思ったら、チョコレートケーキでした。お味は普通、というかイマイチ。。。

私が知っているハロハロはアイスメインなので随分違う!
ハロハロがこういうものなのか、このスタイルがこのお店独特のものなのか判別できず。
ハロハロは「混ぜこぜ」を意味するので、なんでもアリですね。
沖縄のチャンプルーみたいな感じでしょうか♪

東京手みやげコンシェルジュまとめ

いかがだったでしょうか。
大学時代から縁のある、ミニミニでおなじみのフィリピンスイーツ、ハロハロをご紹介しました。

私が知っていたハロハロとは随分違うハロハロでしたし、
有名店を訪れることはかないませんでしたので、
(おそらくセブ島に行くことはもうないと思いますが、、、)
本土に行ったときは再トライしてみたいです^^

 

■セブ島関連記事はこちら↓