コピ・ルアクをバリ島で買って失敗し、セブ島で再会した話

こんにちは、東京駅手みやげコンシェルジュcoco (@coco_rg51)です。

アジアンリゾートとして人気のバリ島でコピ・ルアクという、
ちょっと珍しいコーヒーを買ってしまい、飲みきれず売ることもできず困った。
そして、セブ島に行って再会したお話です。

目次

ドライバーを雇ってウブドを散策

バリ島に行ったのは2016年8月。
市街地から少し離れ、リゾート用に開発されたヌサドゥア地区にある
ウェスティンリゾート ヌサドゥア バリに滞在しました。

ウェスティンリゾート ヌサドゥア バリのプール

子連れリゾート旅行だったので、基本的にはホテルでの〜んびり過ごします。
私は建物やら、美術やら、世界遺産が好きなので、
1日だけバリ島北部にあるウブド地区に行くことにしました。

ホテルを介してドライバーさんをアレンジしました。

ウブドの観光地

ウブドのテガララン(ライステラス)

コピ・ルアクとは

ウブドへ向かう途中、ドライバーさんが
「コピ・ルアクがヨーロッパ人に人気。○○のコーヒー。みんないっぱい買って帰ってる。」
と教えてくれました。

時間もありますし、外国人観光客から人気ということで、私たちも連れて行ってもらうことに。

ドライバーさんは日本語がとても上手でしたが○○がうまく聞き取れず。
実物を見てみて「ん?アライグマ??」と思いましたが、
コピ・ルアクとは「ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆」だそうです。

コピ・ルアク(インドネシア語:Kopi Luwak)とは、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。コピ・ルアクの起源はインドネシアである。

日本では、コピ・ルアク、コピ・ルアック、ルアック・コーヒーと呼ばれることが多い。厳密には、コピ・ルワック、ルワック・コーヒーと発音する。独特の香りを持ったコピ・ルアクは、産出量が少ないその希少性により、高額で取り引きをされている。

ルアクことジャコウネコ

ルアクことジャコウネコ

ジャコウネコの糞

ジャコウネコの糞

コピ・ルアクの製造工程

コピ・ルアクの製造工程?

まさかの動物の糞でした‼

私たちが訪れたスポットは観光地化されてはいましたが、
ジャングル感が感じられて、それはそれでよかったです。
このおばあちゃんのカメラ目線がそれを物語ってますよね。

コピ・ルアク観光地でのカメラ目線おばちゃん

コピ・ルアク観光地でのカメラ目線おばちゃん

まずくはないし、珍しいものなのでお土産に購入することに。
このとき、なんか金銭感覚が麻痺してて高いもの買ってるって認識なかったんですよね。
1万円くらい払ってたと思います…

ドライバーさんに連れていかれたコピ・ルアクの施設

ドライバーさんに連れていかれたコピ・ルアクの施設

振舞われた試飲ドリンクたち

振舞われた試飲ドリンクたち

コピ・ルアク売り場

コピ・ルアク売り場、値段は失念…

クタのショッピングモールで再びコピ・ルアクを見つける

別の日、市街地クタにでかけました。
バリ土産も扱うショッピングモール内のスーパーに行くと、ルクアコーヒーも売ってる!

クタのスーパーでのコピ・ルアク

クタのスーパーでのコピ・ルアク

「あー!やっぱり人気なんだ!!」
と思うのもつかの間、随分安い。
このとき、ようやく高いものを買ってしまったかもと気づいたのでした。

メルカリに出品するも買い手つかず

日本に帰ってもコピ・ルアクを飲み切ることができず、
メルカリで出品することに。

しかし、メルカリにもコピ・ルアクはたくさん出品されていますが、
1,000円程度の「少量」ばかりなんですよね〜。
5,000円からスタートしてちょっとずつ値下げしたりしましたが、
結局売りきれずお蔵入りとなりました…

セブ島The Civet Coffeeでコピ・ルアクに再会

バリ島でのコピ・ルアク事件から2年が経過し、2018年セブ島へ。

滞在したJ Park Island Resort & Waterpark周辺にはスタバこそないものの、
おしゃれなコーヒーショップがたくさん。
韓国人たちがたくさんコーヒーを買い込んでいました。

J Park前のショッピングモール内にThe Civet Coffeeというコーヒーショップを発見。
なんと、こちらのお店コピ・ルアクを扱っているじゃないですか‼
まさか、こんなところで再会しようとは。

セブ島のThe Civet Coffee店頭

セブ島のThe Civet Coffee店頭

ですが、コピ・ルアクは高級コーヒーなので、
The Civet Coffeeではほとんどのコーヒーが非コピ・ルアクのコーヒー(笑)
それでも120ペソ(120ペソ=300円程度)するので、日本のスタバとほとんど変わりません。

The Civet Coffeeのメニュー

The Civet Coffeeのメニュー

コピ・ルアクの比率が30%からコーヒーを売っているようです。
30%で590ペソ=1500円近くするじゃありませんか!!

私は「コーヒーマニア」ではないですし、コピ・ルアクに1度失敗している身。
非コピ・ルアクのコーヒーを購入し、おいしくいただきました。

The Civet Coffeeのカフェオレ

The Civet Coffeeのカフェオレ

めでたしめでたし。

東京手みやげコンシェルジュまとめ

いかがだったでしょうか。

・外国に行って、金銭感覚がわからなくなって、必要にないものを高値で買っちゃった
・2回目は同じ轍を踏まずスルーできました

これからバリ島・セブ島に行かれる方も多いと思います。
まだそこまでメジャーではないコピ・ルアク⁉
これを気にその存在を知ってくれる人がいれば、私の体験も無駄じゃない!!と願ってます。

■フィリピン・セブ島関連はこちら