パリ・ショコラティエ最後の砦 パトリック・ロジェ

こんにちは、東京手みやげコンシェルジュcoco (@coco_rg51)です。

これまで再三に渡って、「パリのスイーツはほぼ日本で手に入る」
と言い続けていましたが、
日本でまだ手に入らないチョコレートの1つが
PATRICK ROGER パトリック・ロジェです。

2017年スペイン・パリ旅行現地レポート第4弾、
締めはチョコレートです!

目次

PATRICK ROGER パトリック・ロジェとは

2000年にMOFを取得。数々の輝かしい受賞歴を誇り2016年にはC.C.C.で「欠かすことのできないショコラティエ賞」にも選ばれました。日本のサロン・デュ・ショコラには10回目の参加、4年ぶりの登場。

PATRICK ROGER パトリック・ロジェとは、
同名のショコラティエが経営するパリのチョコレートブランドです。

パトリックロジェの袋

2018年11月現在、日本へはまだ出店していません。
日本で購入できるのは、三越伊勢丹グループが開催する
SALON DU CHOCOLATのような特設イベントのときのみですね。

マツコの知らない世界 楠田枝里子さんをゲストにチョコレート特集をしていたとき、
その存在を知り、そのビジュアルからずーっと気になっていました。

まるで宝石のようなチョコレートたち

そのビジュアルとは、まるで宝石のようなのです~♡
パリに行くと決まったからには「ここに行こう‼」と心待ちにしていました。

マドレーヌ寺院近くの店舗に伺いました。
チョコレートのみならず、外観・内装ともにファッショナブルです。

パトリック・ロジェの店舗外観

宝石のようなチョコレートとご対面♡

パトリック・ロジェのディスプレイ店頭で見つけたチョコレート

迷いに迷って16個で€20くらいのチョコレートを購入しました。

パトリック・ロジェで購入したチョコレート

パトリック・ロジェで購入したチョコレート

店員さん「日本に戻るときは機内に持ち込んでね」と。
「チョコレートは芸術品、温度管理にも気を付けてつくってるもんね~。了解です♪」
と心の中でつぶやきました。

まぁここでチョコレートを機内持ち込みしたから、
バターも機内持ち込みしようと思い、空港にて没収に至ったのですがね…
チョコレートは没収されませんでした。

■パリの空港でバターを没収された話はこちらから↓

チョコレートはもちろん美味しかったです。
ただ、「日本に帰国してからゆっくり時間をとって、味わいながら食べよう♪」
なんて悠長に思っていたらそこそこ時間が過ぎてしまいました(汗)
時間貧乏はダメですね…

東京手みやげコンシェルジュまとめ

いかがだったでしょうか。

まだ日本に進出していない数少ない有名ショコラティエ
PATRICK ROGER パトリック・ロジェの現地レポでした。
果たして日本進出するのか⁉こうご期待ですね^^

 

■2017年スペイン・パリ旅行のレポートはこちらから

■パリ関連情報はこちら